Right-flushed Image



石畳の ゴシック地区
ボルネ へ行こう
色と活気にあふれる グラシア地区
異国情緒たっぷり? ラバル地区
モンジュイクの丘 の散歩道
右側エイシャンプル
左側エイシャンプル



ばるせろねーたん





地下鉄 4番線 L4 Barceloneta- Villa Olinpica

バルセロナ市内のビーチがある地域
季節を問わず、太陽の出てる日は人がいるかんじ
カフェにふらっと行く感じでみんなくつろぎに来てる
波は穏やかなので波乗りはいません


バルセロナオリンピックの時の選手村があったあたりで
今も次々モダンな建築が作られています
大きなメタルの魚とツインタワーのHotel Arts, MAPFREのビルが一番目立ちます
クラブやお洒落なレストラン、ヨットが連なる辺りは昼も夜も賑わってます



フリアのお兄ちゃんの船がこの辺にあって
船上パーティしながら船で出かけるっていう素敵なサービスを提供しています
一度乗っけてもらったけど、船って見た目より中にはいろいろあってびっくり
船の留めてある海側から見るバルセロネータは新鮮な景色でした


6月の夏至の日を、ここではビーチで夜を明かして迎えるっていう習慣があります
一年で一番短い夜ってことだな
去年行ってみたけど、特になんのイベントがあるっていうわけでもなく
花火が上がって人々はそれをみながらだらだらしゃべったり飲んだりしていました
なにがすごかったって、ビーチへ向かう地下鉄が人でぐっちゃぐちゃだった
ちゃんと引き上げの時間が決まってて 確か5時か6時
その後ばあーっと掃除されて朝にはちゃんと通常のビーチとして整っていました

最近は特にビーチでのマナーを市役所が取り締まるようになって
ゴミ箱が増えたり分別を訴えたりシャワーや救急室も整えられました
あとは個々の意識の問題です

夏場はビーチにいると偽ブランドモノとか海賊CD・DVD、飲み物、スナックなどなど
いろんなものを売りにきます
去年の夏はマッサージサービスまで始まってました
でもこれらの商売はもちろん違法なので常にビーチは警官が見回ってます
貴重品をビーチに放置する人もいないだろうけど
置き引きも多いので警官の見回りは欠かせません
人の集まるところに犯罪有り です


ビーチも場所によってはオールヌードだったりします
そこらへんはまあ詳しく探索しなくてもいいかな、と



半地下と地上が吹き抜けになってる
なんというか、これはオブジェか?
名前忘れたけど
確か有名な建築家がデザイナーのアイデアってテレビで言ってた。

まあ、とにかく市内にフラっと行けるビーチがあるというのは豊かなもんで
別に海に行くわけではなくても自転車で界隈を走ってみたり
散歩がてら覗きにいってみたり、海育ちではないけども足は向きます
冬場も人が絶えないところをみると 季節問わず人は海を求めるようです