BERLIN

♪4月のベルリンでHappy Wedding ♪






ベルリンに住む友達の結婚式へ!!!
ステキな家族や友達に囲まれたとてもとても幸せなおふたりでした
この↑ウェディングケーキの2人、花嫁が金髪だったんだけど
日本人なので日本髪(?)色にぬってくれたらしい
気が利いてる!いいぞ!ドイッチュメン!!!

式!パーティー!観光!
120%ベルリンを満喫した4日間でした
TE QUIERO!BERLIN!!!

結婚式の写真もパーティーの写真もとてもとてもステキです
多分本人のサイトに登場するはず!!(プレッシャー)だから
それまで待ってるぞ。

結婚式で頭がいっぱいだったので観光準備はゼロで到着
なのに!!!
花嫁様が地図とガイドの観光セットを用意してくれてました
感激!花嫁!



ベルリンって何があるんだろう???
って愚問うべこ。
壁ですよ。歴史を辿るんですよ!!



18世紀の凱旋門
ちょうど壁の境界線上にある。
全然知らなかったけどベルリン!っていえばのシンボルがこれって感じだった。




門の前でオルゴールおじさんに遭遇。
おじさん、おじさんのクマとオレンジクマとうべの4ショットは
うべがあまりの寒さに非常に微妙な防寒ファッションなのでカット。
まじ寒かった・・・。
バルセロナの気候気分で行ったわたしがバカでした。
誰に聞いてもベルリンの4月は
雨も晴れも雪もあったかいも寒いもなんでもありだ、って言われてたんだけど
なぜか「晴れ」と「あったかい」しか耳に入らなかった・・・。おばか。







続いて外国人が出入りしてた検問?チェックポイントチャーリー
この近辺にはいくつか壁が現存。
やたらアメリカの旗が目立ってなーんかやな感じ。
写真、反対側からとってやった。
観光ゾーンらしく人も多いんだけど
露店でロシア(ソ連)ミリタリーグッズとか
マトリューシュカとか売ってんの!!
びっくりしたけど、そうか、ここは北に近いんだ。
さらには東側はロシア、ソビエト領土だったんだもんね。
余韻があってもおかしくないか?
スペインはペルーのアクセサリーとか
アンデスのポンチョとかなんだけど、露店。
なじみのないものにドキドキするうべさん。
寒かったのでかなりあのふわふわのロシア帽子欲しかった・・・。









壁ギャラリーはこちら











地下鉄の駅のPotsdomer Platzっていう名前になじみが。
ポツダム宣言!???
ヒットラーが自殺したのもこの近辺らしい。
今はこの近辺、ソニーセンターっていう
すげーでかいショッピングモールというか映画館やらカジノやら
すごい娯楽施設になっててダイムラークライスラービルとか
リッチな感じ。


















新しい都市だからか
あんまり普通の建物は高くないし建物と建物の間が広々。
写真ないけどユダヤ博物館とかかなり画期的。
面白い街並みだった。
古い建物も結構レトロでかわいい色使いだった。








そんでもって
ドイツと言えばこれでしょー!



新郎のお父さんの提案でドイツレストランに行きました。
まさにビール飲むためのレストラン!!!
おなかいっぱいで満喫仕切れなかったスペアリブ悔やまれる。
うべさん、ビール全然飲めない飲まないのに、おいしい!!と思った。
ビールのダメなとこ=なんか苦い(子供の味覚)→後味さっぱり!
ビールのダメなとこ=すぐ寝ちゃう→元気よく酔っ払って管を巻く


楽しかった★★!!!


初めての非ラテンヨーロッパだったんだけど
やっぱりちがった。
かつて行ったイギリスにやっぱり近いな、と思った。
全然一緒ではないんだけどね、なんとなく雰囲気が。
イタリア、フランス、ポルトガルは
帰ってきてもお土産のチーズとかサラミ食べて終わるだけなんだけど
ドイツはイギリス行ったときと同じで中毒になった。
イギリスから帰ってしばらくやたら紅茶飲んでたみたいに。
スーパーでパンを買いまくって帰ってきて
我が家でドイツ風サンドイッチとか作ったりして。
やっぱうべニホンジン
スペインよりなにかと豊かだし
とにかく人が優しかった。
出会った人だけじゃなくて、街で行きかう人、トイレですれ違った人、
よくにこにこしてくれる。
お。こういうのなんか久しぶり。と思う。

バルセロナは遊ぶための街。
ベルリンは暮らす街。
日本の生活スタイルを維持しながらいい意味で違いを楽しめる土地でした。

帰りの飛行機で
ドイツはあんなとこどうなんだろ?こんなとこどうなってんだろ?
っていう興味がもくもく湧いてきて
また行かねば!!!

行けるかな、ワールドカップ